birdきょうのつぶやき@digitune

きょうのつぶやき@digitune

家庭内wifiを使い2台のSwitchでスプラトゥーン2すると調子が悪い件、トラブル継続中なのでちょっとまとめ。まずダメな時はプライベートマッチやリーグマッチ、またはレギュラーマッチへ「合流」など、一緒にプレイ系が出来なくなる。別の部屋で別々にプレイする分には問題ない。 (11:11 TweetDeckから・詳細)

またダメな時はプライベートマッチに参加しようとした時や合流しようとした「瞬間」に、「両方の端末」とも、通信エラーで落ちる。別々ならOK、ということで帯域やレイテンシ、混雑の問題ではなさそうだし、合流しようとした方が落ちるだけでなく両方とも通信エラーとなるのも興味深い。 (11:16 TweetDeckから・詳細)

image 0 また調子悪くなったタイミングは、メインルータTP-Link Archer C9のfirmwareを最新の1.2.0 Build 20170111 rel.69305にあげてから。同タイミングで導入した同メーカーのwifi中継器RE… https://twitter.com/i/web/status/947291561120763904 (11:21 TweetDeckから・詳細)

あと、気持ち悪いのがいつもダメなわけではなく、何度か試しているとときどきうまく行くこともあること。一度うまくいくとしばらくは大丈夫なのだが、またそのうちダメになる。 (11:22 TweetDeckから・詳細)

image 1 で、昨日二台のスイッチのネットワーク設定でデフォルトルータをおウチサーバに向けてpacket dump取ってみました。ちなみにおウチサーバを一時的にルータとして機能させるためには、/proc/sys/net/ipv4/ip_for… https://twitter.com/i/web/status/947292641967841282 (11:25 TweetDeckから・詳細)

image 2 もひとつ、パケダンしていて気がついたのは、IP forwarding onにしただけだと自分宛てでないpacketを受け取るとICMP redirectで正規のルータをスイッチに教えてくれちゃうので(親切だ)、/proc/sys/… https://twitter.com/i/web/status/947293402361618432 (11:28 TweetDeckから・詳細)

「eth1」の部分はinterface名が入ります。「default」や「all」もあるのでそちらに書いてしまうもヨシ。 (11:29 TweetDeckから・詳細)

さて、packet dumpを取ってみた結果は、というと、正直良く分からないんですよね(^^;。うまくいくときは親スイッチから子スイッチの外口IPアドレス(スプラトゥーン2は対戦中の通信はP2Pで行います)へ4つUDP packetが流れて、それでマッチング完了している。 (11:32 TweetDeckから・詳細)

ちなみにデフォルトゲートウェイをホゲってパケダン取る方法だと、正規のルータからの戻りのpacketは拾えないことに今さら気がついたけれど、今回の場合はまぁそれでヨシ。 (11:33 TweetDeckから・詳細)

で、ダメな場合は親の4つのpacketが送信されたあと、子からも同じように親の外口IPアドレスに対して同様のUDP packetが投げられ、お互いが投げ合う、という状況が10回程度繰り返されて、最後に通信エラーとなって終わる。 (11:37 TweetDeckから・詳細)

image 3 ちと怪しいのは、ダメなcaseでUDP packetを投げあっている最中に、二台のスイッチからの、それぞれお互いの持つIPアドレスへのARPのwho-has requestが飛ぶこと。でもLAN内でスイッチ同士が通信することはない… https://twitter.com/i/web/status/947297279957803013 (11:44 TweetDeckから・詳細)

また、ダメなcaseではお互いがUDPをひたすら送信しあっていることから、どうもその送っているpacketがお互いに到達していないんじゃないか、という感じがするんですよね。そうするとNATの問題なのかなぁ? (11:48 TweetDeckから・詳細)

image 4 ちなみにP2Pでの通信が始まる前には、同ポートからのUDPとしてAWS EC2との通信も行われていますし、同じくEC2やCloudFrontとのHTTPS通信もあります。packetの中身までは見ていませんが、同ポートUDPからの… https://twitter.com/i/web/status/947299719604158464 (11:53 TweetDeckから・詳細)

メインルータArcher C9のNATブーストをoffにしてQoSをonにすると若干状況が改善することからも、ルータのNAT周りの問題の可能性を示唆しているように思うんですが、しかしそれも完治までは至らないんですよねぇ。 (11:58 TweetDeckから・詳細)

ちなみにQoS onは副作用が大きかったので今は止めています。スイッチが動いていると他の端末の通信がしばしば失敗するくらいpacketが流れなくなってしまった(^^;。QoSはムズい。 (11:59 TweetDeckから・詳細)

そんなわけで、今のところ「おそらくメインルータTP-Link Archer C9のバグ」という結論で、次のfirmware updateを待つしかないか…と思っています。残念。他にも何か試してみる価値のあることがあったらアイディア募集中。 (12:12 TweetDeckから・詳細)

image 5 読みました。元の論文のニュースは僕も見て驚いた口なので、こういう分析記事はありがたい>炭水化物は体に悪い?脂質をたくさん摂るほど健康に良い?:2017年世界一に選ばれた科学論文を解説 http://krsk-phs.hatenablog.com/entry/pure_criticism (12:44 Twitter Web Clientから・詳細)

そういや今回のスプラ2通信不良調査で分かったこととして、スイッチAでナワバリで遊んでる→スイッチBで合流を試みる→両方通信エラーで落ちる、という挙動を見ると、スプラ2は通信出来るはずなのに全く通信できない相手が出現するとネット接続全体を失敗とみなすcaseがあるっぽいね。 (12:58 TweetDeckから・詳細)

対戦中に落ちちゃう人ともよく遭遇するもののそういう場合は試合は続行されることからして、通信不能と判断されるcaseは限られる(新規peerとのセッション確立時のみ?)なのかな、とは思うものの、ナワバリ中の合流時などはもう少し穏当に判断してくれてもよいのでは…と思ったり。 (13:01 TweetDeckから・詳細)

image 6 そうそうこういう感じ!以前から、ここから先のサーボの微妙な調整とかは、人の手で付けるのではなく画像認識の問題に落とし込んでdeep learningでなんとかならんのかな、って思ってる。 https://twitter.com/med_mahiro/status/946604842595708928 (13:31 Talon (Plus)から・詳細)

image 7 このスレッド読了。オモロイ。 https://twitter.com/hokubukyuushuu/status/947311657885212672 (13:43 Talon (Plus)から・詳細)

マクドナルドのカサノバ社長に関する報道といえば、就任当初の不祥事連発、業績不良に関する報道を見ていて、日本人経営者ならすぐ辞めさせられそうなのに辞めないんだな、と思っていた記憶があるけれど、きっと当時から説得力のある合理的なプランがあったのでしょうね。合理性重要。 (13:48 TweetDeckから・詳細)